風呂場の水のトラブルで多いシャワーの問題

現在ではお風呂場にシャワーの設置されている家庭がほとんどです。体を洗ったり、掃除をしたりするときに使用しますが、蛇口を閉めているにもかかわらず水が垂れてくる場合は、水漏れが発生している可能性もあります。

■水のトラブルと簡単に判断しない

シャワーを止めているのに水が止まらないと水漏れと判断してしまうこともあるでしょう。しかしすべてが水のトラブルとは言い切れません。ヘッドの構造上、水を止めても内部に多少水が残ってしまうこともありますが、これを残留水といいます。もしヘッドを上向きにすると水が止まるようであれば、残流水が出ているだけで問題はありません。一方上に向かせても水がまだじょろじょろ、ポタポタ垂れてくるようであれば、何らかの不具合が起きていると考えられます。

■シャワーの水のトラブルの対処法

もし故障であると思ったのであれば、何が原因か特定する必要があります。例えばナットやバルブが緩んでいるくらいの問題であれば、自分で締め直すことで解決できるかもしれません。しかし長年同じものを使っていると、シャワーヘッドもしくは蛇口そのものの劣化が原因という可能性も考えられます。そうなってくると、そのパーツ事態を交換する必要性が生じます。


■まとめ
シャワーの水を止めてもまだ出てくる場合は、すぐに水漏れではないかと判断しがちです。しかし残留水の可能性も捨てきれません。そのため、まずは残留水による水漏れかどうかを見極めて、違うようであれば、水道業者を呼んで修理の依頼をすると良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ